自動車保険 代理店型とダイレクト型の特徴

自動車任意保険は、従来からある「代理店型保険」と、保険業法が改正した後の「ダイレクト型保険」があります。任意保険を選ぶ際に、大きな分かれ道となる部分です。この記事ではそれぞれの違いについてや、特徴を比較してまとめました。保険加入時や満期による更新の際は、まず代理店型とダイレクト型をしっかりと把握しておきましょう

代理店型とダイレクト型を知る

自動車保険を大きく分ける2種類の型。

この2つの型の特徴を知っておくことは、
あなたが保険に加入する前に必要となるはずです。

2つの型は、どのように区分されたのか。
ダイレクト型(通販型)、代理店型。
2つの保険とはどのようなものか、お話ししていきますね。

2種類の型はどこから区別された?

任意保険の種類として2つに別れた「代理店型」と「ダイレクト型」
どのような違いがあり、どこから区別されるようになったのかご存知ですか?

1998年のことです。保険業法が改正されました。
これをきっかけに各保険会社が自由に保険料を設定できるようになったんですね。

代理店型の保険会社は、文字通り代理店を構えていますが、
ダイレクト型の場合は必ず店舗が必要なわけではありません。

そのため、保険料の安さを売りにした保険会社が誕生し、
契約も手軽に行えるようになったんです。

そのため、今では多くの保険会社が
ダイレクト型保険を扱う会社として参入しています。

代理店型保険とは

代理店型の自動車保険とは、
保険業法が改正される以前から存在している保険で、
自動車保険の本来の姿とも言えるものです。
代理店を通して保険会社と契約を結ぶ、普通の任意保険のことです。

その『普通の任意保険』のことを、
保険業法が改正したのちに「代理店型保険」と呼ばれています。

新たに始まった「ダイレクト型保険」と区別しているというわけです。

ダイレクト型保険とは

「ダイレクト型」自動車保険とは、
本来必要であった代理店を介さず、インターネットを介して契約を行います。

保険会社と契約する本人が、ダイレクトに契約を結ぶことができるものです。

従来の代理店型と比較して、新しいタイプの自動車保険になります。
インターネットや電話で契約するため、「通販型」とも呼ばれているのです。

型別の特徴

では、
代理店型とダイレクト型。
それぞれの特徴について、もう少し詳しくお話ししますね。

代理店型保険の特徴

特徴1

店舗を構えているため、直接担当者と対面して相談をすることができる。自動車保険に関する知識があまりなく、自分で補償内容を決めるのに不安がある方でも、プロのアドバイスを受けられることで、安心して補償内容を比較検討することができる。

特徴2

申込み手続きの際は、加入者本人の手をわずらわせることは略無く、担当者が手続きを代行してくれる。

特徴3

代理店手数料・店舗経費・人件費など、付加保険料が高くつくため支払保険料が高くなる。

ダイレクト型保険の特徴

特徴1

主にインターネットで申し込み手続きを行なう。支払い保険料は電話や郵送で行い、期日によっては直接銀行振込となる場合もある。(自動車保険満期日が近い場合など)

特徴2

直接店舗に出向く必要がないため、忙しい人がすきま時間を有効に活用して、保険の申し込みをすることができる。インターネットで見積もりや申し込みが可能なため、見積もり比較した直後でも24時間申し込み手続きが可能。

特徴3

インターネットで申し込みをすることで『インターネット割引』が適用される。(ダイレクト型でも電話での申し込みの場合は、インターネット割引は適用されません。)

特徴4

基本的には加入者自身が自動車保険の情報収集を行い、知識をつけた上で保険を比較する必要がある。電話相談や、メールで質問することが可能で、直接対面しての相談でなくても疑問を解決することができる。自分に合った保険を探そうとする意識が高まるため、任意保険に関する知識が身につきやすい。1度知識が得られると、次回からの保険比較がスムーズになる。

特徴5

店舗を保つ必要がなく、代理店手数料・店舗経費・人件費など、付加保険料がかなりおさえられるため、支払保険料が安くなる。(任意保険の保険料は「純保険料」と「付加保険料」により決まります。純保険料は代理店型・ダイレクト型ともに一定の額ですが、付加保険料は大きく別れるところです。代理店型のように店舗を持つことで様々な付加保険料が上乗せされることになり、結果支払い保険料は高くなります。)

両方のいいとこ取り

ダイレクト&代理店。2つの型について、結構知識を付けてもらえたと思います。

そこでですね、

  • 「結局これじゃ、どっちがいいのか選べない」
  • 「安くて安心も十分な保険の選び方はないの?」
  • 「担当者と相談しながら決めたいし安いのがいい」

という、ちょっと欲張りな夢を叶えられちゃう方法があります。

それについては、別の記事で紹介していますので、
コチラの記事も併せて読んでみてくださいね。

⇒ 2種類の自動車保険 どっちもいいとこ取りする方法

ではでは。