本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。読者の皆さんの不利益になる情報はお伝えしません。

2種類の自動車保険【ダイレクト型と代理店型の違い】

自動車保険は大きく分けてダイレクト型保険(通販型)“代理店型保険”の二種類があります。あなたにあった保険を選ぶ上で、ダイレクト型と、代理店型の違いを理解しておく必要がありますよ。今回はそれぞれの特徴についてのお話しです。

まず、ザックリとした簡単な結論を出してみます。

「自分で保険内容を選んだことがないし、誰かと対面して相談しないと不安だな」
というあなたは、保険料金は高いけど『代理店型保険』。

「今の保険料は結構高い気がするなぁ、もっと安い保険会社にしたい」というあなたは、
自分で、(契約者本人)が直接保険会社と契約して申し込む、
『ダイレクト型保険)がオススメです。

では、なぜ「代理店型保険」は保険料が高く
「ダイレクト型保険」は安いのか。
これら2つの自動車保険について、違いをを確認していきましょう。

代理店型・ダイレクト型の特徴

現在は、テレビCMの効果もあり、
自動車保険と言えば、“ダイレクト型保険”。
という認識の方が結構増えてきているようです。

しかし、
まだまだ“代理店型保険”に加入しているドライバーの方が、
割合としては多くいる、とファイナンシャルプランナーは言っています。

この2種類の保険の違う部分として、
保険料金の支払い方があります。

代理店で自動車保険に加入する場合は、
その場で直接担当者にお金を支払うスタイルです。

一方、ダイレクト型に加入する場合は、
インターネットで保険を見積もり、確定する。
その後、銀行やコンビニからお金を振り込むスタイルになります。

その他、それぞれの特徴がありますので、あなたに合った保険はどっちなのか。
簡単に『代理店型保険とダイレクト型保険』を理解しておきましょう。

代理店型自動車保険

代理店型自動車保険は、直接担当者と対面して、
加入する保険内容のアドバイスが受けられます。
これにより、基本的にはあなたに合った保険を進めてもらえる保険です。

ただ、
“代理店型保険”は、代理店を経由するため
手数料などの中間マージンが発生します。

つまり、保険料は高いんですね。

代理店型のメリット&デメリットを以下に説明します。

代理店型保険のデメリット

私は、ディーラーで新車を購入しました。

その際に「うちで自動車保険に加入してくださいね」と言われ、
「ではそうしましょう」って感じで、
サラッと『代理店型保険』に加入したんですよ。

つまり、ディーラーが代理店です。
この時、ディーラーが中間マージンを保険会社から受け取っているわけですね。

保険会社は、『ディーラーが保険加入者を紹介してくれた』という状態ですよ。
だから、紹介料として、保険会社がディーラーにお金をあげるんです。

でもこのお金。
保険加入者が支払った『保険料の一部』
なんですよね。

私達ユーザーは、紹介料を支払わされたような状態ってことなんですよ。

なので、結論。

『代理店型保険は、保険料が高い』

ってなります。

そのため “代理店型保険” と “ダイレクト型保険” とを比較すると
保険料に数万円の差が出るということがかなり起きてくるんですね。

この、「保険料が高い」というのが、代理店型のデメリットと言えます。

代理店型保険のメリット

逆に、代理店型のメリットは、先程お話ししましたが、
「担当者と対面して、あなたに合った保険のアドバイスが受けられる」
という部分です。

その他、万一事故を起こしてしまった場合、
担当者が、あなたと保険会社の間でやり取りしてくれる。
という部分もメリットになります。

まぁこれに関しては、事故が起きてしまった時に、
あなたが電話をする相手が違うってだけだと私は思っているんですけどね。

あなた → 担当者 → 保険会社
あなた → 保険会社

この違いですよね。

間に担当者が入ることによって、
保険金に違いが生じるってことはないと思います。

代理店型の保険に加入していても、
直接、保険会社にアクセスすることも多いはず
です。

「それでも担当者がいたほうが安心」という人にとってのみ、
メリットと言える部分なのではないでしょうか。

現在あなたが、『代理店型の保険』に加入しているのであれば、
『ダイレクト型保険』も含めて「今」を機会に、見直してみるといいですよ。

ダイレクト型自動車保険

『ダイレクト型自動車保険』は、
さっき説明しました『代理店型』のデメリットを回避した保険です。

代理店の存在がスッポリそのまま無くなるので、
単純明解、保険料金が安くなります。

ダイレクト型保険のデメリット

デメリットとしては、
「安くなるかわりに、人任せにはできなり」という部分です。
そもそも人任せにするなんて、オススメできませんけどね。

『自分で保険内容を選ばなくてはならない』なんてのは、
デメリットとして、大したことではありませんよ。

むしろ落ち着いて、自分に必要な保険を選択することができます。
そう考えればメリットですからね。

ダイレクト型保険のメリット

はい。

さっきからお伝えしていますね。

ダイレクト型のメリットは『安いこと』です。

あなたが「自動車保険の保険料が高いな」と思い始めたなら、
断然、『ダイレクト型保険』に目を向けたほうがいい
ですよ。

2種類の保険 両方のメリットを活かす方法

これまでお話ししてきた、代理店型保険とダイレクト型保険。

双方メリット&デメリットがありますが、
「どちらのメリットも欲しい」というあなた。
おすすめの方法がありますよ。

もう気付いているかもしれませんが、簡単な方法です。

  1. 代理店で自動車保険の相談をして、見積もり結果を出す
  2. その見積もり結果を見ながら、ダイレクト型の入力を自分で行なう

簡単なことですよね?

事故後のサポートについては代理店を介することはできませんが、
保険内容の相談については無料でできますから。

見積もりを出したからといって、保険に加入するかどうかは
あなたが決めればいいことです。

『自分で保険内容を決めるのは大変。でも安くしたい』

というあなたは、ためしてみてはいかがでしょうか。

1度代理店型からダイレクト型に変更すればずっと安い?

1つの保険会社で、保険を適用する事故が多くあれば、
ユーザー(あなたや私)が支払う保険料は高くなります。

保険会社:
「毎年事故件数が上がり、うちの会社からユーザー様に支払う保険料が多くなっています。
そのため保険料を今年も引き上げさせていただきます。」

ということが続き、どんどん保険の契約料が上がるということがありえるのです。

あまり保険料を気にせず、1つの保険会社だけで更新を続けていると、
もしかしたら気づかないうちに、保険料があがっている方もいらっしゃるかもしれません。

※現在、自動車保険の保険料は上がりっぱなしです。
ただ更新し続けているなら、保険料は高くなっていると思って間違いはありません。

あなたが特に事故を起こしたわけでもないのに、保険料が高くなっている。

更には毎年等級が上がって割引き率がどんどん上がっているにもかかわらず、

「なんか高い…。等級割引きがあっても逆に高い!!」
ということが起きてくるのです。

保険の見直しは、毎年1回やっておくことが、賢い節約につながりますよ。

そして、現在どのような保険会社があって、
どのようなサービス、
どのようなプランがあるのかを毎年把握することが大切です。
毎年保険を見直すのが最も理想的と言えます。

それを簡単に実行できる無料のサービスを紹介しましょう。

一括見積もりサービスを活用する

ほかのページでもお伝えしていますが、
自動車保険は一括で見積もりを行なうことが可能です!

このサービスを利用すれば、複数の保険会社の見積もりを、
たった1度の入力で、まとめて結果を見ることができます。

それも無料のサービスとして提供されています。

おかげで私も安心してためすことができました。

1発で安い保険会社が把握できますし、
その他細かいプランの見直しや比較は
いくらでも後から行なうことができます。

まずは見積もりを1度済ませてみることが良いでしょう。

やり方を画像つき解説した記事を用意してあるので、
これを参考にやってみてください。

活用してもらえば、簡単にできるはずですよ。

おすすめの一括見積もりは以下にご案内しておきます。

⇒ オススメ一括見積もりサービスを見に行く

Posted by haru