自動車保険比較【3つのポイント】

新車を購入した際に、ディラーにお任せするような形で、
自動車任意保険に加入することは結構多いです。
初めての車購入で頭が回らなかったり、
車を買うことにエネルギーを使い切っていたりしますもんね。
 
勿論、保険加入の際は、担当者とあなたが保険比較を行ったでしょう。
それでも「毎年保険の見直しをすることは重要です。」
だって車購入時のあなたは、保険のことまで集中して判断できていないのですから。
 
もう1度あなたの手で、自動車任意保険を比較することをおすすめします。
必ずと言っていいほど、あなたの保険料の支払額は安くなるからです。

自動車保険選び

現在は自動車任意保険を簡単に比較することができる、
とても便利なサービス(サイト)が複数存在しています。

とは言え、保険内容は保険会社によって異なる部分も多いです。
情報量は多く、複雑になってしまっているのが現状で、
全てを理解するのは難しいでしょう。

そうした理由から、
「任意保険を自分で決めるのは難しい」
と思ってしまう方も少なくないはずです。

そこで、
重要な『任意保険の比較ポイント』を、
主に3つにまとめておきました

  1. 『補償内容と補償額で選ぶ』
  2. 『事故対応で選ぶ』
  3. 『ロードサービスで選ぶ』

この3つのポイントです。

あなた自身が、

  • なぜ自動車任意保険に加入するのか
  • 自分にとって重要な部分(補償内容)はどこか

という部分を1つずつ確認しながら比較することが重要です。

それでは比較ポイントを押さえていきましょう。

比較ポイント1

1つめの比較ポイントは、『補償内容と補償額』です。

補償内容は本当に必要なものをしっかりと把握検討し、
万が一に備える必要があります。

節約も考慮して、補償額にも目を向けましょう。

重要な補償内容を押さえる

任意保険に加入するからには補償内容を比較するのは当然と言えます。
しかし一般的な補償内容は、どこの保険会社を選択しても略大差はありません。
「一般的な補償」が指すものは、

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 人身傷害補償保険
  • 搭乗者傷害補償保険
  • 自損事故保険
  • 無保険車傷害保険
  • 車両保険

上記7つの補償です。

これら一般的な補償は、どこの保険会社を選んで頂いても
同じように提供されています。

そこで1つ目の比較ポイントとしては、
「あなたが必要とする補償内容はどれなのか」という部分です。

このポイントは、任意保険を契約する際に大きなポイントとなります。

必須の補償

任意保険の補償内容は「必要な補償」と「不必要な補償」を
しっかりと把握して見直しましょう。

まず、必ず入る重要な補償は、
「対人賠償保険」の無制限です。

自動車任意保険を契約する意味の大半が、この
「対人賠償保険の無制限」だと言ってもいいほどです。

万が一あなたが自動車事故で相手を傷つけてしまった場合、
又は死亡させてしまった場合のことを考えてみてください。

そして対人賠償保険に入っていなかったとしたら・・・。
相手本人や相手の家族は勿論のこと、
あなた自身の人生は奪われてしまうでしょう。

そしてあなたの家族も同じです。

死亡事故により数億円の賠償金が生じることもありますので、
自賠責保険しか加入していないドライバーは、無謀と言わざるを得ません。
自動車事故は、被害者及び加害者の人生と、
そのふた家族全体の人生に関わってくるのです。

平成23年の判決例として、21歳男性(大学生)が被害者となり、
後遺症が残りました。この時の認定総損害額は、3億9,725万円です
死亡事故ではありません。それでも3億円ではたりないのです。

対人賠償保険は必ず"無制限"にしておきましょう。

対象にしておきたい補償

もう1つ対象にしたい補償は「対物賠償保険」の無制限です。
これは人命に関わらないだけに考え方が別れるところですが、
無制限にしておくと安心です。

  • 数年間自動車を運転していて車事故を起こしたことがない
  • 万が一の事態への備えができている

等、安心材料がある方は保険料の節約をはかってもいい部分でしょう。

しかし、大半の方が無制限を選択している部分であることも事実です。
アクサダイレクトのデータでは、86.9%の人が対物無制限の選択をしています。

2000万円が4.7%、1000万円が8.4%となっています。

補償額の比較

保証内容に関する補償額は、各保険会社によって様々です。
補償額をおさえることで支払い保険料は安くなります。

内容や額を比較する際に、1社ずつ見積もりを行い、
自分で1つずつ見比べていくのは恐ろしく大変な作業です。

そのため、保険の見直しを行なう際は、
一括見積もりサービスを利用するとよいでしょう。

補償内容を事前に見極めることで、保険料を安くしやすくなります。

車両保険に関しては特に補償額が高額です。
新車購入時は特に車両保険を必要と考える方は多いと思いますが、
多くの方が補償の対象にしているわけではありません。

「不必要である」と判断できるのであれば、思い切りも大切です。

車両保険1つで保険料を大幅に節約することができます。

比較ポイント2

2つ目の比較ポイントは『事故対応』。

任意保険の事故対応は保険会社によって差がでる部分です。
事故を起こしてしまった際に冷静に判断することは難しいものです。

被保険者(ドライバー(あなた))に変わって、
適切な判断をするべきは、保険会社の担当者です。
しかしその担当者は、一定のクオリティ(応対)ではありません。

また、事故受付は365日、24時間受け付けていても、
肝心の対応が行われないということがあります。

これは、『受付』と『対応』は別で考える必要があるということです。

例えば、土曜日に事故が起き、当日に受付をした場合。
「対応は平日のみで土日祭日は受付のみ」だったら、
週明けの月曜日にならないと対応してくれないのです。

対応に関してはそれぞれの保険会社で異なります。
任意保険を決める際に、重視したい大切な比較ポイントです。

素早い対応ができる保険会社かどうかは、
口コミを利用して比較するといいでしょう。

その際に確認したい部分は以下の内容です。

  • 受付けてから対応するまでの迅速さ
  • 事故対応状況を途中経過報告してくれるか
  • 過失のないもらい事故の対応について
  • 示談交渉サービスの有無
  • 1事故1専担当者制であるか

主に上記の内容を確認しておくと良いでしょう。

比較ポイント3

3つ目の比較ポイントは『ロードサービスで保険会社を選択』

まず、付帯される"ロードサービス"とはどのようなものか
把握しておきましょう。

続いてロードサービスの中の比較ポイントをご紹介します。

ロードサービスとは

「ロードサービス」とは、急な車のトラブルにも無料(又は一部有料)で
応対してくれる、とても便利なサービスです。
バッテリー上がりや、パンク時のスペアタイヤ交換、
ガス欠時のガソリン補給、キーの閉じ込み、レッカー移動など、
様々なカートラブルに応じてもらえます。

しかし、そうした自動車任意保険のロードサービス内容を
ご存知無い方がかなり多く、非常にもったいないかぎりです。

「カートラブルへの備えといえば【JAF】」
という認識を持った方が多く存在し、
ロードサービスで十分行えるトラブルでも
JAFを読んでしまう方が多いのです。

そうした背景には、
「任意保険のロードサービスがどんなトラブルに応じてくれるのか知らない」、
「保険のロードサービスを利用すると等級が下がるかも」といった不安。
「メンテナンスクオリティが心配」などの不安もあるようです。

ロードサービスの内容は保険契約前にしっかりと把握しておきましょう。

また、ロードサービスの利用で等級が下がることはありません!
保険金が支払われる事故対応でないかぎり、等級に影響はでないのです。

トラブル内容が重複しても、多岐にわたっても、
ロードサービスは何回でも無料で利用することができます。

ロードサービスの比較ポイント

契約前に保険会社ごとのロードサービスが異なる部分を、
注意深く見ておきましょう。
最近の自動車保険は、365日24時間の対応が通常です。
しかし、異なる部分はいくつかあります。

まず、「サービス拠点が全国に何箇所あるか」という部分です。

単純に「拠点が多ければ、トラブル時に迅速な対応ができる」
ということは想像できますね。

私はパンクでロードサービスを利用した経験がありますが、
素早く現場まできてもらえ、不安も少なくて済みました。

次の比較ポイントは、
「どこまでのサービスが無料で、どこから有料なのか」
といったサービスを受ける範囲です。

レッカー移動の距離が何キロまで無料であるか、
ガス欠時のガソリン補給は有料か無料かなどを確認しましょう。
10リットルまで無料のロードサービスが付帯されている場合もあります。

他にも、車をすぐには動かせない等、
緊急時に宿泊費用のサービスが受けられる部分や、
帰宅するまでの費用を負担してもらえる部分にも注目しましょう。

様々な自動車トラブルへの備えとなるロードサービス。

サービス内容をしっかりと把握し、比較したうえで
あなたにあった保険会社と契約しましょう。

3つ押さえた上で

今回お話しした3つを押さえた上で、
一括見積もりサービスを利用してみてください。

あなたにピッタリな保険を見つけることが簡単になるはずです。

⇒ 自動車保険一括見積もりサービス無料

とても便利な一括見積もりサービスですが、
「やり方がわからない」と、手を付けない人も結構います。

そこで、誰でも簡単にサービスを活用できるように、
見積もりのやり方を、画像で詳しく解説した記事を用意しました。

この記事を参考にしてやってみてくださいね。